粗茶でございます日本語 プログラミング 言語 「なでしこ」 大好き 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://nadesocha.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

フレッツ光を選択しない。

   ↑  2010/04/17 (土)  カテゴリー: 雑談

 我が家のインターネットプロバイダはeo(関西電力)です。

 光回線ならば、NTTのフレッツ光でも同じようなものですが、私はフレッツ光が大嫌いです。

 その理由は・・・


 「フレッツ光にしませんか?」という勧誘電話がしつこいのです。鬱陶しいのです。

 NTTという会社には、その系列会社や提携会社が無数にあり、末端には個人経営の携帯電話販売業者などが存在します。しかも、みんな「NTT●●サービス」とか「NTT●●ネット」という名前がついていて、フレッツ回線の会員獲得競争をしているのです。

 だから、ひとつの勧誘電話を断っても、翌週には別の業者が電話してくるのです。我が家では、「NTT」と名のつく業者から電話がかかってくるとパニックになります。私の両親はインターネット等に関してはまったくわからないため、「契約しないと電話回線がなくなるのかしら?」とか、「NTT●●ってNTTの偽業者かしら?」とか不安になり、結局私が応対します。またいつ「NTT●●」から電話がかかってくるかもと戦々恐々としています。

 年寄り家庭だったら、悪徳リフォーム業者のように、よく知らないまま利用もしない「フレッツ光」を契約させられているかもしれません。


 NTT●●という業者から勧誘電話がかかってきて、その業者がどんな会社かも確認せず、「フレッツ光」を契約したとして、アフターフォローができるのでしょうか? 結局はNTT東日本(西日本)に頼むことになるんじゃないですか?

 さらに、「フレッツ光」にしたところで、勧誘電話が減るとは考えられません。このような業者は「固定電話がNTTかどうか」というような中途半端な個人情報をもとに、片っ端から電話をかけまくっているのですから、すでに「フレッツ光」を契約している家庭にも「フレッツ光にしませんか?」と聞いてくるのです。


 「フレッツ光」そのものは良いサービスだと思います。だから、長澤まさみさんや豊川悦司さんのCMだけで十分ではないでしょうか。

 私は死んでも「フレッツ光」に契約しません!

関連記事

(記事編集) http://nadesocha.blog.fc2.com/blog-entry-98.html

2010/04/17 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 京都に参加申込。
この前の記事 : セブンは快調。

Comment

コメント:を投稿する 記事: フレッツ光を選択しない。

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback

この次の記事 : 京都に参加申込。
この前の記事 : セブンは快調。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。